スタートレック イントゥ・ダークネス

今回は、2013823日に公開されたアメリカの映画『スタートレック イントゥ・ダークネス』を紹介します。原作は、宇宙船USSエンタープライズ号のカーク船長と乗組員たちが宇宙を探検する1960年代のアメリカの人気ドラマです。

西暦2259年、カーク船長が指揮するUSSエンタープライズ号は、未知の惑星の調査中に、ある惑星の巨大な地震に遭遇します。彼はルール違反を犯してまで、その惑星の住民と

副船長スポックを救おうとしますが、地球に戻ると船長を解任されてしまいます。ちょうど同じ頃、ロンドンの宇宙艦隊の基地が何者かによって破壊される事件が起き、カーク船長がその犯人であるジョンハリソンを宇宙の闇の中へ追跡し、戦うという話です。

カーク船長を演じたクリス・パインは、この役を演じたことで世界的スターになりました。

また、カーク船長の敵であるジョンハリソンを演じたベネディクト・カンバーバッチは、「世紀の悪役」として世界中から絶賛され、出身地であるイギリスの映画祭では「英国の至宝(しほう)(これ以上ない宝物、という意味)」と紹介されました。

私は小学生の頃から宇宙に興味があるので、ドラマシリーズも欠かさず観ていました。宇宙を探検する様子やそこで出会う宇宙人や動植物には、作り話だとわかっていてもワクワクしたのを覚えています。今回この映画も、子供の時の気持ちに戻って観ることができました。

全世界にファンがいる『スタートレック』。地球人、宇宙人のお互いの違いを理解し、何かを成し遂げるためには、その違いを超えて協力しようというメッセージをドラマ開始以来、約60年間発信し続けています。アクションと宇宙探検に興味がある人にオススメします(^^)