塾長挨拶


皆様にはいつも大変お世話になっております。高志塾塾長の坪木と申します。
私は生まれも育ちも妙高市で、小さな頃からいわゆる近所のおじさん、おばさんに叱られながら、真っ当な人生を歩んできました。温かな思いやり、いまだ感謝に堪えません。 「必ず地域に恩返しをする!」そう決心し、恩返しを実現するために立ち上げたのが高志塾です。 今では塾生や保護者の方から「先生、全力でやりすぎですよ。体を休めては…」と言われますが、私が今まで地域の皆様から受けた恩があまりに多く、そしていまだ多くの恩を受けていますので、全力でやらずにはいられません。 ほとんどのオリンピック選手はこのように言います。
「今まで応援してきてくれたファンの皆様のために頑張ります!」
世界で活躍する人たちと私を比べるのは図々しいのは承知していますが、私も同じ気持ちで毎日を過ごしています。
私は思います。世界中の人々が自分だけでなく、人のために行動できるようになったら、戦争なんてありえない、最高に平和な世界が出来あがるでしょう。そうは言っても実現は難しいかもしれません。それでも、「無理」と言った瞬間に実現は不可能となります。少しでも可能性を信じ、他人任せでなく自ら行動する、そんな人間が一人でも多く存在し、活躍すれば、素晴らしい社会が出来上がります。その構成員はいずれ今の子供たちです。私はこの地域の教育レベルを向上させ、立派に社会貢献する子供たちを育て、素晴らしい社会が実現されることを望んでやみません。
高志塾の教育理念は「極限の努力ができる人間を育てること」です。 そのために、私は子供の模範となり、師匠となり、正しい道へと導くことをここに宣言します。

 

講師紹介

坪木先生冬4塾長 坪木康志

高志塾を率いて18年。とにかく「熱い指導」が売り。仕事柄、子どもたちが見るテレビ番組をほとんど見ることがない。そのため、生徒の話題に付いていけないことばかり。生徒たちからは「古い」とか「固い」と言われている。だが、教育における真理は今も昔も変わらないと確信し、日々の指導に汗だくになっている。
こう見えても?趣味はスノーボードとキャンプとアウトドア系の面もある。3人の子供と休日を過ごすのを楽しみにしている。

 


文系担当 高橋晃子

塾長の厳しい指導に導かれながら、「どうやったら生徒に分かりやすい授業を提供できるか」「どうしたら生徒をやる気にさせられるか」を日々真剣に考え、実行している。生徒のことを自分のことのように喜べる性格は塾講師の鏡である。生徒たちは「お姉さん先生」として信頼を寄せている。
ジャズと洋楽ポップスをこよなく愛している。食べることも大好きで、「おいしい!」と聞いたものは試さずにはいられない。

 


事務長 坪木裕子

高志塾を陰で支えている存在。「事務からでも生徒を元気にすることができる」と信じ、日々努力を惜しまない。それでも裏方だけあって、たまに塾生から「あの人誰?」と聞かれてしまうのが残念・・・子供3人と日々格闘しながらの生活を、自分の成長する機会と位置づけ、その経験を塾業務に活かしている。
趣味は映画観賞とショッピング。ただ、現在は子育てと塾業務でお休み中。家でドラマ鑑賞?をする程度となっている。

高志塾 紹介ムービー

 

栞ちゃんの高志塾物語

01   無題 %e7%84%a1%e9%a1%8c10

 

アクセス

〒944-0037 新潟県妙高市学校町3-19
JR信越本線新井駅 徒歩15分 (新井信金南支店さん近く)

新潟県妙高市学校町3-19