『NANA』

今回は『NANA』を紹介します。漫画が原作で200593日公開され、映画ランキングで初登場1位、観客動員数は日本だけでも300万人を超え、その年の邦画第4位という記録も達成しました。

ストーリーは、東京に住む彼氏と同居するため上京する小松奈々、ミュージシャンとして成功するため上京する大崎ナナ、出身地は異なるけど同い年の2人のNANAが新幹線の中で出会うことから始まります。その後、ひょんなことから奈々とナナは同居することとなり、さらに、ナナの所属するバンドとナナの恋人の本城蓮が所属するバンド、2つのバンドのメンバーたちを交え物語は進んでいきます。ナナは歌手の中島美嘉、奈々は宮崎あおい、本城蓮は松田龍平が演じました。また、本城のバンドのボーカルのレイラ役は歌手の伊藤由奈が演じ、これをきっかけにブレイクしました。

さて、原作といえば、この映画ほど見事に原作の雰囲気を映像化した映画はあまりないと話題になりました。二人のナナをはじめとするキャスティングはほぼ完璧で、外見も似ているし、雰囲気もバッチリ再現した他、住んでいる部屋や服装、持ち物等、細部までこだわって作られたそうです。 そのような製作サイドの努力と、現役歌手である中島さんの圧倒的なステージパフォーマンスの結果、「中島さんイコールNANA」という世間のイメージが出来上がってしまい、映画公開後、芸能活動をする上で中島さんが苦しんだとの告白もありました。

そんな本格的なライブパフォーマンスと10代の恋愛がたくさん詰まった『NANA』、オススメします(^^)

最後になりますが、先日の日本アカデミー賞において、12月に紹介した『百円の恋』の主演、安藤サクラさんが最優秀主演女優賞を獲得しました!さらに最優秀脚本賞も受賞、また、優秀作品賞、優秀監督賞、優秀助演男優賞も獲得するなど、この映画が大好きな私にはとても嬉しいニュースになりました(^o^)