3/15 今後の新型コロナウイルスへの対応について

昨日の安倍総理の会見で、現在は緊急事態宣言を出すまでには至っていないとの見解がありました。そして、感染症の専門家は、2週間の感染拡大防止の対策により一定の効果が出ている、との見解を示したそうです。

私が懸念するのは、現在、子どもたちは平常の学習環境の中で勉強することができていないことです。これは後に、学習面に大きな影響を及ぼす心配があります。私たちは、子どもたちの学習環境を早く通常に戻す必要があると考えています。

そこで高志塾では3月16日月曜日から授業を再開することを決定しました。同じく16日から富山、静岡、佐賀などで公立の学校を再開することを決めています。

授業を再開するうえで、生徒に守ってほしいことがあります。
1.塾に来る直前に検温し、平熱であることを確認する
2.塾内ではマスクを着用する
3.塾の玄関にあるアルコールで手指消毒をする
4.教室内ではこちらが指定する通り、一人ひとりの席の間隔を開けて座る(下記資料1参照)
集団クラスの授業はクラスター感染防止のため、1クラスの出席数を少人数にとどめる措置として、必要があれば2クラスに分け、同じ授業を1日2回実施することとします。

なお、「新型コロナウイルスは空気感染をする」と間違った情報が流れています。実際は空気感染はせず、飛沫感染・接触感染をします。つまり、同じ空間にいても接触がなければ、感染しないのです。上記「生徒に守っていほしいこと」は飛沫感染・接触感染を防ぐ対策として実行します。

3月23日月曜日以降は春期講習を実施する予定でしたが、これを中止し、休校分のフォローアップ講座を無料で開講します。このことで、3月に休んだ分を取り戻します。全学年とも、本来3月中に取り組むべき学習内容を当講座で完了するように努めます。フォローアップ講座に関しては、下記資料2のご覧ください。

さらに、本来、学年の節目に実施される春期講習は、新たな学年になる上で、気持ちを切り替えたり、学習意欲を向上させたりする大切な機会です。その大切な講習会が実施できないことは、子どもの学力向上を大きく阻害します。特に受験生にとっては、今のまま、なし崩し的に受験生活に入るのは避けなければなりません。そこで高志塾では、ゴールデンウィーク休みを使って、春期講習の代替講習を予定しています。詳細は後日、ご報告します。

このような状況でも、すべきことは変わりません。新型コロナウイルスなどに負けないよう、学習に前向きに取り組んでいきましょう。

なお、今後、地元で感染者が出た場合、再度の教室閉鎖を検討することになります。その時はできるだけ早く決定事項をお知らせします。
また、教室に通うことにご不安の方は、今まで通り、家庭学習指導を継続します。

お子様の学習面を第一に考えた、当塾の判断にご理解いただきますよう、心よりお願い申し上げます。ご不明な点は何なりと坪木までお問い合わせください。