神様はバリにいる

今回は、『神様はバリにいる』を紹介します。観たい映画を久しぶりに地元のJ-MAXシアターで観ることができました。

内容は、単身バリ島へ渡り、独自の哲学で大富豪になった実在の日本人実業家と彼を慕う人々とのヒューマンコメディ。事業に失敗し、バリ島へやってきたヒロ インが彼と出会い、人生をやり直そうとする姿を描いています。ほぼ全編にわたってバリ島での撮影を敢行。美しい自然と苦境にもへこたれない「アニキ」の姿 が見る者に元気を与えます。

大富豪の通称「アニキ」役には堤真一さん、ヒロインの照川祥子(てるかわ しょうこ)役には尾野真千子さん、他には玉木宏さん、ナオト・インティライミさん、現地の人々が出演されています。

ところで、映画を作るには莫大な費用がかかります。この映画はクラウドファンディングという、募金のようなシステムを使い制作費用を集めました。仕組みはこうです。

お金を募る人は、まずその目的と目標金額、期限をウェブなどで公開します。それを見て趣旨に賛同した人が募金をします。募金には特典がついていて、例え ば、この映画の場合は映画のチケットとアニキTシャツ、エンドロールでの自分の名前の掲載等。募金金額が目標に達した時点で、お金を募った人は活動を開始 し、募金者に活動を報告します。もし、期限までに募金金額が目標に達しない場合は、集まったお金は募金者に返されます。今回、私も少しだけ募金しました が、結果、目標達成して映画を作ることができました。

『世の中は「縁」で回っている』、『辛い時こそ笑顔でいれば貧乏神が寄り付かない』、『感謝の気持ちを忘れない』等、当たり前で大切にしたいセリフが詰まっています。「アニキ」に励ましてもらえる映画、おススメします!(^○^)

コメントをどうぞ