『HERO』

今回は、劇場版第2作目となる『HERO』を紹介します。型破りな検事・久利生 公平(くりゅう こうへい)を演じるのは木村拓也さんです。

7月18日に全国で公開され、公開31日間で観客動員300万人、興行収入38,9億円を突破という記録も木村さんにとっては当然の結果でしょうか(^^)

ストーリーは、ネウストリア大使館の裏通りで女性が車にはねられて死亡し、東京地検城西支部の検事・久利生が事務次官の麻木千佳とともに事故を起こした運転手を取り調べることから始まります。そんな2人の前に、かつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子が現れ、死亡した女性が、大阪で検事をしている雨宮の追っていた事件の重要な証人だったことから、久利生と雨宮が合同で捜査を開始していく、というお話です。

それにしても、テレビではジャニーズのメンバーを見ない日はありません。そんな彼らには、映画や舞台、ドラマ、テレビの現場ではスタッフから絶大な信頼が寄せられています。その理由は、一言で言えばプロ意識の高さなのですが、完璧な演技はもちろん、やり直しのきかない一発勝負の場面できっちりキメてくれるそうなのです。

運も持ち合わせた本当にカッコいい人たちには、共演者にもスタッフにもファンがたくさんいます。もちろん木村さんも例外ではありません。撮影中、自分は、出しゃばりすぎたのではないか、と反省したカメラマンが、クランクアップ時に、木村さんに恐る恐る挨拶したところ、大きく手を振り上げたので、殴られる!と思ったら、ガッチリ握手してくれ、そのカメラマンは皆に羨ましがられたとか。現場の士気を高め、共演者やスタッフを気遣い、世間に認められる作品をつくるところ、まさに木村さんは『HERO』です☆

コメントをどうぞ