ブラック・スワン

今回は、アメリカの映画『ブラック スワン』を紹介します。『白鳥の湖』というバレエを基にしており、主役のバレリーナは、白鳥と黒鳥(こくちょう)の二役を演じます。この映画は、『白鳥の湖』の主役を演じることになったバレリーナに起こった奇妙な出来事を描いています。

ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナは、踊りは完ぺきで優等生のような女性です。ある日、『白鳥の湖』の主役に大抜擢されましたが、気品あふれる白鳥役は心配ないものの、ずるがしこい黒鳥役を演じることに不安があり悩んでいました。そんな彼女の元に不思議な女性が現れる、というお話です。

実際、白と黒で衣装が違いますが、二人の性格は正反対であり、全く性格の違う二つの役を一人で踊り分けるのはバレリーナにとって大変なことだそうです。しかも、黒鳥役には難しい振付が含まれており、優雅さと演技力、表現力、技術、体力、スピード、すべてに高いレベルが要求されるので、誰にでもできる役ではありません。

ニナは、舞台を成功させられるのかという不安で押しつぶされそうになりますが、その気持ちに私は共感しました。何かを成し遂げようという気持ちがある時、うまくいくのかと誰でも心配になる時があります。絶対に成功させたい、失敗したくないと思えば思うほど、不安が強くなります。そんな時、不安を打ち消すためにできることの一つが努力です。彼女も努力を続け、立派に主役を演じきりました。

そして、ニナを演じたナタリー・ポートマンは、アカデミー主演女優賞を獲得しました。役作りの努力も報われて、本当に良かったと思います(^^)